DMCA

著作権侵害申し立ての手続きおよび通知書


お客様が商標権者または著作権者であり、ご自身の商標権または著作権が侵害されていると思われる場合は、以下の通知書にご記入、ご署名の上、当サイトの管理を行うBuchananグループ へお送りください。管理会社の情報は、デジタルミレニアム著作権法( 合衆国法典第17編512条(c)(2))に基づいて提供されています。

不備なく、署名のある通知書を受領した時点で、当社は侵害しているとされるコンテンツへのアクセスを無効にし、著作権法に従いアクセスが無効になったことをコンテンツの投稿者へ速やかに通知します。通知書に署名がない、または指定のフォームではない、もしくは当社のフォームの承認言語が含まれていない場合、適切な通知書をご提出いただくようお客様へ依頼します。 ただし、その他の情報の記載が通知書に無い場合、ご要望に対応できません。

合衆国法典第17編512(g)(2)に従い、コンテンツの投稿者は誤り、あるいは誤認によりコンテンツが削除、または無効になったことに対し、異議申し立ての通知を当社へ行う場合があります。この異議申し立て通知書には(1)署名、(2)個人の氏名、住所、電話番号の記載、(3)偽証罪の適用に対し異議申し立てを行う旨の記載、(4)住所地の地方裁判所の法域に同意する旨が記載されます。このような異議申し立て通知書を受け取り、当社がコンテンツへのアクセスを再度有効にすると判断した場合、そのコンテンツへのアクセスが10営業日以内に有効になることの通知をお客様にへ行います。投稿者が当社のネットワーク、およびサーバー上で侵害行為行うことを制限する裁判所命令を求める訴訟を起こしたことをお客様が当社に通知しない限り、異議申し立て通知書を受け取ってから10営業日から14営業日の間に、アクセスが再度有効となります。コンテンツへのアクセスを有効にしないと判断した場合、お客様は通知を受けることはありません。.